認知症解決ドットコム

認知症の家族の負担を減らすための情報サイト

認知症の段階的に起こる症状

      2015/08/14

物忘れが増えてきたら、まずは検査を受けてください。そのまま放置すると進行していきます。認知症の多くは治ることがありませんので、1日でも早い発見と対応が大事になります。

認知症の症状は、初期、中期、末期に分けることができます。

 

認知症の症状:初期症状~

認知症の初期に出やすい症状として、新しいことを学習できなかったり、前に学習したことを思い出せないという記憶障害や認知機能障害、そのほか行動異常や精神症状が見受けられます。また、失語、失行、失認、実行機能の障害もあります。

年齢を重ねたことで、物忘れがひどくなったと思いがちですが、加齢による物忘れの場合は、一部だけの物忘れや、忘れたこと自体が認識できます。しかし認知症の場合は、そのもの全てを忘れてしまいます。放置すると進行していきますので、物忘れが増えてきたら、まず認知症を疑ってください。

治らないとされる認知症でも、予防方法や早期治療で改善することもあります。

 

認知症の段階別症状

認知症は進行状態により、3段階に分けることができます。段階の確認にお役立てください。

初期症状
  • 買い物に行っても支払いがうまくできない
  • 日付がわからない
  • 不要な物を買ってしまう
中期症状
  • 場所の認識ができず迷子になりがち
  • 自動車の運転ができなくなる
  • 季節にあった服がわからない
  • 感情をおさえられなくなる(暴言を吐く、大声を出す、徘徊する、暴力をふるう)
末期症状
  • 家族、身近な人を認識できなくなる
  • 知的障害のために意志の疎通ができなくなる
  • 会話が難しくなる
  • 被害妄想になったり、幻覚を見るようになる
  • 身体機能が低下し介護が必要となる
  • 失禁することがある

 

 - 認知症の症状と対応 , ,