認知症解決ドットコム

認知症の家族の負担を減らすための情報サイト

記憶障害5つの種類と3つのステージ

      2015/08/14

記憶障害とは?

認知症の基本症状

中核症状のひとつで、認知症の代表的な症状です。(一部の認知症には、記憶障害が見られないものをあります)過去のことを思い出せない、新しいことを覚えられない、といった障害のことです。

自覚がない

一般的な物忘れとの違いは、本人に自覚がないことです。忘れたことを理解していないのが特徴です。自覚がないことで、日常生活上さまざまな問題が起こります。

最近のことから忘れ、悪化していく

忘れていく、思い出せない、には順番があります。通常は近い記憶から消えていきます。症状が進行するにともない、過去に遡り忘れていきます。

 

認知症における記憶障害5つの種類

1、短期記憶障害

一時的なことを思いさせないのが「短期記憶障害」です。新しいことを思い出せない短期記憶障害は、短期記憶を司る「海馬」といわれる脳の一部分の機能が低下して起こります。

「今なにやっていた?」とやっていること自体を忘れてしまう。手に持っていたものを置いたはずなのに、どこに置いたか分からない。といった症状が現れます。時間の経過とともに、短期記憶障害は、長期記憶障害への変わっていきます。

2、長期記憶障害

症状が進行していくと、過去に経験した鮮明な思い出、自分の名前や小学校名、両親のこと、子供のことなど、普通は死ぬまで覚えているはずの記憶が思い出せなくなります。

 3、エピソード記憶障害

過去に経験したことを忘れてしまう記憶障害です。遠足や旅行、家族の思い出や会社での出来事など、体験に基づいたエピソードを忘れてしまうか、記憶の一部分が抜け落ちてしまう障害です。

 4、手続き記憶障害

体で覚えた記憶です。 自転車の乗り方、掃除の仕方、お風呂に入ったときの体や頭の洗い方、などの無意識でもできる行動を忘れてしまう記憶障害です。

5、意味記憶の障害

言葉の意味自体を忘れてしまいます。「それ」「あれ」が多くなる、会話が意味不明になる、などで会話の成立が難しくなってくる記憶障害です。

◇ 3つの記憶階層

記憶は3段構造で成り立っています。覚えこむための「記銘」、記憶を維持する「保持」、そして記憶を取り出す「想起」という3つに分類する考え方もあります。また記憶障害を2つに分類して、記憶喪失などは記銘障害が、認知症は追想障害が中心に起こるとする見解もあります。

 

認知症における記憶障害3つのステージ

認知症の進行にあわせて、症状も大きく変わってきます。分かりやすく初期の症状である「軽度」、中期の症状である「中度」、後期の症状である「重度」の3つのステージに分類しました。

「軽度」の症状

短期の記憶障害が起こりだします。

  • 同じ話を何度も繰り返す
  • 同じことを何度でも聞いてくる
  • さっき片付けた場所が分からない
  • お風呂の水を出しっぱなしにする
  • お湯を沸かしっぱなしにする

*火やガスの使用には、充分気をつけてください!

「中度」の症状

中期の記憶に障害が起こります。性格が変わりだし、幻覚などが増えていきます。体験した記憶「エピソード記憶」に障害が起こりだします。

  • 食事をしたことを忘れて「食事はまだ?」と要求してくる
  • いつも決まった場所においてあるものの場所が思い出せない
  • 自分が片付けたことを忘れて「盗んだ!」などの被害者妄想が起こる

「重度」の症状

長期の記憶にも障害が発生する。体で覚えた「手続き記憶」や基本的な言葉を意味する「意味記憶」に障害が起こる。

  • 使う言葉の種類が極端に減りだす
  • 子供の頃の記憶がなくなっていく
  • 体で覚えた記憶も忘れていく

 

認知症の記憶障害への対応

 否定しない!

本人に「忘れている」という自覚はありません。病気という自覚もありません。記憶がないということは、本人の中に「その事実は存在しない」ということでもあります。

「それは違うでしょ!」とか「忘れたのでしょ!」「病気なのだから」というと本人は、だまされている、私にウソをついている、といった捕らえ方をします。症状によっては、暴言や暴力、食事拒否や介護拒否などで対抗してくる場合もあり、状況を悪化させます。

安心させる!

言動を訂正したり、強制したりすると、症状を悪化させます。本人と周囲との間に、記憶や常識に大きな隔たりができています。認知症患者は修正することができないので、周囲が調整するしかありません。言動を笑顔で受け止め、安心させることが大切です。

医師に相談する!

多くの認知症の場合、回復は困難です。進行性なのでドンドン悪化していきますので、対処的な薬物療法に頼らざるを得ません。医師に相談して、適切な治療に心がけてください。

 - 認知症の症状と対応 , , ,